中秋の名月

9月に入ってからちょっと涼しくなり、虫の鳴き声も変わってきて秋の訪れを実感するような日が多くなってきました。季節は確実に進んでいますね!

9月には中秋の名月というお月見をする慣習があります。今年は9月13日がそれにあたります。日本では平安時代に貴族がお月見をする宴を開いていたのが、農村で行われていた作物の収穫祭と結びつき庶民の間でも慣習として浸透していったようです。平安時代からある慣習が形を変えながらも続いているのは不思議ですね。

電気が普及している現代では月明かりに頼るようなこともなく、夜空を見上げることも少なくなっていると思います。
『たまには夜空を眺めてみろよ!』と大昔の人々から現代人へ呼びかけられているような気がします。

中秋の名月_イメージ