新元号に込められた願い

4月1日に新元号『令和』が発表されました。

政府発表では万葉集にある「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す」との文言から引用したもので、厳しい寒さのあとに春の訪れを告げ、みごとに咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め決定されたとのことです。発表当初はピンとこなかった人もこの説明を聞き、納得された方も多かったのではないでしょうか。

冷静に考えれば元号が変わったからといって私たちの生活に劇的な変化があるわけではないですが、ワクワクしたり、気持ちが改まったりするのは元号に込められた願いを国民が共有できるからではないでしょうか。言葉の力はすごいですね!

元号に込められた願いを忘れずに穏やかで平和な時代が続きますように!!

 

新元号_イメージ